作業員

廃棄物を細かく破砕する│産廃の量を減らすためにできること

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な機械を使用

工事

瓦礫選別を行なうためには、様々な機械を使用しないといけないので導入していない業者は揃える必要があります。瓦礫は解体工事だけでなく自然災害が原因で排出されることがあって、そのため泥や砂が大量に付着している状態でしょう。再利用するためには最初に、泥や砂を落とすために振動フルイ機を使用すれば簡単に落とせます。ある業者が開発しているフルイ機ならば、サイズが大きいためショベルカーで瓦礫を運んで直接選別することができるのです。解体工事などで排出される廃棄物の多くが大きいため、一度破砕機を使用してからでないと選別できなかったでしょう。ですが、この振動フルイ機を使用することによって砕かずに砂と泥を落とせるので非常に便利です。他にもベルトコンベア型のフルイ機がありますから、このような機械を組み合わせて使用することが大切です。瓦礫選別には破砕機を使用して、粉々に砕いてから再利用するという方法があります。鉄骨が邪魔になっていても砕くことで鉄骨とコンクリートを分別して、コンクリートを確保することが可能でしょう。瓦礫の破砕をするとなると大型の機械なので、処理するために広いスペースが必要になります。機械の開発を行なっている業者の中には、レンタルして取り付けまで行なってくれる業者がありますのでそこに依頼しましょう。機械の貸し出しを行なっている業者のホームページには、機械の詳細や特徴だけでなく実際に稼働している時の動画も掲載しています。どのような働きをしているのか確認するために、一度動画をチェックするようにしてみてください。