作業員

廃棄物を細かく破砕する│産廃の量を減らすためにできること

このエントリーをはてなブックマークに追加

効率良く選別するには

作業員

ガレキは工場や家屋の解体作業時に排出されますが、ガレキは普通に処分することはできないので注意してください。処分する前に、ガレキ選別という作業を行なう必要があります。このガレキ選別とは、ガレキ以外にも土や木くずなどの様々なものが混ざっている状態の廃棄物を別けてガレキだけにする作業のことをいいます。これを行なわないと、排出した廃棄物の中から再利用できるものを行なうことができなくなるでしょう。崩れているからといって、全ての資材が再利用できないという訳ではないので選別することが重要になります。産廃選別は人の手や機械を使用して行ないますが、この場合は大きなものが多いため人の手では行なうことはできません。機械だけでなくショベルカーやトラックなどの重機を使用する必要があります。重機を使用すれば重い廃棄物を運んで、効率良くガレキ選別を行なえるはずです。重い廃棄物が多いため、人の手で作業を行なうと怪我をする恐れがあるので注意してください。環境リサイクル機械の中には、大きな廃棄物専用の機械があるのでこれを使用すれば簡単にガレキ選別ができます。再利用できない場合は破砕機を使用して、細かく砕いてそれを埋め立てるでしょう。ガレキは解体工事だけでなく、台風や地震などの自然災害でも排出することがあります。復興のためにも選別して資材を確保することで、復興にかかる費用を抑えて元の状態に戻せるはずです。ガレキ選別を行なう業者は、仕事の効率を上げるためにもこのような機械を導入してみてください。