男性

廃棄物を細かく破砕する│産廃の量を減らすためにできること

このエントリーをはてなブックマークに追加

選別することが大切

タイヤ

産廃選別とは、産業廃棄物を選別して再利用できるものと埋め立て処分するものとで別ける作業のことをいいます。中にはリサイクルできるものがあるので、資材を確保できて産廃の量を抑えることに繋がります。

詳細へ

効率良く選別するには

作業員

様々な原因でガレキは排出されますが、これらはただ処分するのではなくガレキ選別を行なって再利用することが大切です。選別するためには重機や選別機械が必要なので、解体業者はこれらを導入しないといけません。

詳細へ

処理の費用を抑える

ドラム缶

建築工事や土木作業で排出される廃棄物のことを産廃といいますが、産廃は排出させた企業や業者が責任をもって処理しないといけません。ですが、ほとんどの企業や業者は処理するための施設を所有していませんので行なうことはできないでしょう。廃棄物の処理を専門にしている処理業者がいますから、ほとんどがこの業者に依頼しているのです。ただ全ての産廃の処理を依頼するとなると、処理にかかる費用は高くなってしまいます。土木作業などの廃棄物には、大きな石やコンクリートガラなどの硬いものが含まれているでしょう。このような石などは破砕することで細かくできますし、コンクリートガラも再利用することが可能です。破砕することで産廃の量を減らして費用を抑えることができて、それだけではなく資材を再利用できるのです。破砕するためには、環境リサイクル機械と呼ばれている機械を使用すれば簡単に行なえます。ハンマー式の打撃破砕機ならば、大きな石やコンクリートガラでも簡単に細かく砕けることができるでしょう。石だけでなく廃材や伐採した気を細かく破砕する機械もあります。細かく砕くことによって量を減らせるということで、建築業者ではこの機械を導入している所があるのです。産廃用の環境リサイクル機械を開発している企業があるため、そこに相談して機械をレンタルするようにしてください。購入すると値段は高いですがレンタルならば費用を抑えることができて、貸し出した業者が定期的にメンテナンスをしてくれます。メンテナンスすれば長期間使用できますから、このような業者から借りて廃棄物の量を減らせるようにしてください。

様々な機械を使用

工事

瓦礫選別をするためには、重機や大型の選別機械が必要になります。電動のフルイ機を使用することによって付着している土を除去できて、破砕機を使ってサイズの大きな瓦礫を砕くことが可能です。

詳細へ